「事例研究(中小事業者向け経営支援)」について

この連載では、当社が研究・研修用に作成した事例(経営や事業運営に関する様々な課題解決の事例)の一部を公開させて頂きます。

当社では、当社のメンバーが過去に経験した事を将来に活かせるよう、情報(案件から得られた知見)を取りまとめる作業を行っております。そして、当社に所属するメンバーの間でそれらの研究結果を共有する事で、より高いレベルでのサービス提供を目指していきたいと考えております。また、その知見を更に磨く事を目指し、研究活動を続けております。

これらの活動においては、事例という形で情報を取りまとめる事があり、この連載において公開させて頂くのは、その一部です。事例は、過去に経験した案件が簡略化されているだけに近い場合もありますし、創作されている場合もあります。どちらにせよ、様々な案件に取り組む上で求められる知見をイメージしやすいように作成されたものです。

言うまでも無く、現代の経営や事業運営の難易度は低くありません。特に、皆様が、当事者である自分自身の課題を解決しようとされる場合、難易度が極めて高い、と感じられる事も少なくないでしょう。

この連載で取り上げる事例には、当社が考えるポイント(類似の案件を取り扱う場合に気をつけるべき点など)についても、一部ではありますが、解説として書き添えさせて頂いております。皆様が、類似の案件に取り組まれる際の参考にして頂ければ幸いです。

また、当事者だけで取り組むと難易度が高い課題であっても、外部の力を利用する事で大幅な改善が見込めるケースは少なくありません。この連載で掲載された事例から、そういったメリットについても理解を深めて頂ければ幸いです。


(この連載をお読み頂く上での注意事項)
経営に関する案件には、どれ一つとして同じものはありません。全く同じように見える案件であっても、実際には、判断のポイントが大きく異なることが少なくありません。この連載で紹介させて頂いている事例についても、その背後にある情報が全て掲載出来ている訳ではありませんし、また、判断の根拠となる考え方についても、限定的にしか掲載出来ておりません。そもそも、全く同じ案件であっても、判断の時期が異なれば、違う結果になる事もあります。この連載をお読みになる方は、これらの事を十分にご理解頂き、ご自身の責任で参考にして頂くようにお願い致します。当社や当社の関係者は、情報を参考にして頂いたことによって生じたいかなる結果についても、責任を負いません。また、この連載で取り上げている事例は、社内で作成した研究・研修用の事例を公開用に編集したものです。公開にあたっては、様々な改変を行っております。これらの点についても、連載をお読みになる上では、ご了解下さい。